静かで落ち着いている住宅街

閑静な住宅街にある賃貸のメリット

閑静な住宅街で部屋を借りるメリットはなんといっても「静かに落ち着いて生活できる」ことでしょう。一歩家を出ると、人通りも多くがやがやとした雰囲気が苦手、夜中に少しでも音がすると敏感に感じて眠りにつけない人には住宅街はぴったりです。駅前と違って飲食店も少なく、酔っぱらいのトラブルでケンカしている声が聞こえて不快といったことや、交通の量が多くて音が気になるといったことに悩まされることも少ないです。 また住宅街ということで家族連れが住んでいる場合が多く、高級と言われるエリアであれば住人の質も良いため、治安の面でも安心して生活できるのではないでしょうか。利便性よりも静かで快適な暮らしを望むのであれば、断然閑静な住宅街に部屋を借りるのがおすすめです。

閑静な住宅街で部屋を借りるデメリット

メリットが多い閑静な住宅街ですが、もちろん多少デメリットもあります。周辺にお店の数が少ないといったこともあるので、駅前の物件と比べて買い物するのには少し不便を感じるかもしれません。とはいえ住宅街の近くには商店街があることもあったり、都市部であれば少し足をのばせばスーパーやドラッグストアなど充実している場合もあったりするので、生活するには困ることはないでしょう。 あと、女性であれば夜道は少し怖いと感じることがあるかもしれません。閑静な住宅街は夜になると人通りも少なく、駅からも距離がある場合も多いので、途中で不審者に遭遇しないか不安になるでしょう。そういった場合はできるだけコンビニなどお店がある場所を通る、遠回りになっても大通りなど人通りがある場所を歩くなどすると安心です。