バリアフリーになっている

玄関や各部屋の段差が少ないか

若いときに比べて年を重ねると躓きやすくなります。それは知らないうちに足の筋力が落ちてちょっとした段差に引っ掛かりやすくなるからのようです。屋外だけでなく自宅でも躓くときがありバリアフリーが考慮された住宅では段差が極力ない造りになっています。賃貸だと借りてから工事ができないので、高齢者が住む賃貸物件であればできるだけ段差の少ない物件を探すようにしましょう。日本は家の中では靴を脱ぐ習慣があり玄関に段差を設ける造りが多いです。バリアフリー物件においては玄関の段差をなくしてくれているので、車いすでもどんどん部屋の中に入れます。扉の部分や浴室などにも段差が作られやすいですがバリアフリー物件では緩い坂になっていて躓かない工夫がされています。

手すりが取り外しできるか

自分で所有する住宅に高齢者が住むときはバリアフリー工事を自由にできます。簡単な工事としては手すりの設置があり、ホームセンターで部品を買って来れば素人でも簡単に設置できるでしょう。しかし賃貸物件となると手すりを勝手につけられず、つけたとしたら原状回復の時に修復費用が大きくかかり困るかもしれません。 手すりが必要な人が住む物件を探すのであれば手すりの取り外しが自由に行えるところを探しましょう。手すりはついていればいいわけではなく、不要なところについていると邪魔なだけになります。玄関やトイレ、お風呂などに取り外し可能な状態にある物件だと好みのところに手すりを残せます。使いにくい手すりだと住みにくいので実際に手すりを使う人が使い勝手を確認してから契約するようにしましょう。