ペット飼育が可能

ペット飼育可能と一般の賃貸の違いとは

ペット飼育可能の賃貸は普通の賃貸に比べ家賃が割高で、相場としてはペット不可の場合よりも1割から2割ほど高くなる傾向があります。さらにペットを飼っていると、部屋が汚れやすく床や壁も傷つく可能性が高いですが、そういった修繕は敷金で賄います。そのため退去時の敷金の返金額が、一般の賃貸よりも少ないといったことも気を付けるべきポイントです。ペット飼育可能と言っても、動物の種類によっては入居が難しい場合も発生します。猫は爪を立てて壁や床を傷つける可能性が高いと言って断られることもあり、逆に犬のほうがそういった心配が少ないので受け入れられやすいと言われています。とはいえ大型犬になると、受け入れてくれる賃貸物件が限られてくるので注意が必要でしょう。

ペット飼育賃貸のメリットや対策

ペット飼育可能賃貸物件のメリットは「周囲に迷惑をかける」といったことを気にせずに済むことや、中には「防音設備」「防臭器具」などが揃っている物件があることです。こういった設備が充実していると、ペットや飼い主もストレスをためにくく、双方にとっても快適な生活を送りやすいのではないでしょうか。 とはいえ、すべてのペット飼育可能賃貸にこういった恵まれた設備があるとは限らないので、その場合は対策が必要です。ペットに汚されたり傷つけられにくいようにフローリング上にマットを敷いたりすると、退去時の修繕も少なくなり敷金の返金額が減ることもありません。他には空気清浄機を置く、空気の入れ替えがしやすい玄関の近くにペットの排泄物などのゴミ箱を置くといったことで、部屋に臭いがしみつくことも防げます。